ジャロン第7回分子ふるい技術と応用サミットフォーラム開催

29/11/2023

千年の帝都で出会い、牡丹花城に集い、発展の青写真を描く。2021年4月7日~9日、第39回中国洛陽牡丹文化節に際して、中国工業ガス工業協会、洛陽ジャンロン・マイクロナノ新材料有限公司、中国環境科学学会の指導の下、放射性廃棄物専攻委員会が主催し、中国化学会分子ふるい専門委員会、北京石創核安全技術発展基金会、龍華科技集団(洛陽)有限公司が共催した、Ltd.、洛陽師範大学河南省機能性多孔質材料重点実験室スクリーニング技術及び応用フォーラム、エネルギー及び環境保護分野におけるサブスクリーニング応用フォーラムが河南省洛陽市華陽広場国際ホテルで盛大に開催された。

本フォーラムでは、分子ふるいの基礎研究、ガス分離精製、鉄鋼・非鉄金属製錬、医療、石油化学、石炭化学工業、環境保護、原子力分野などに携わる国内の多くの大学や科学研究機関の専門家が一堂に会しました。分子篩い分けの応用研究に従事する専門家と関連報道機関のゲスト200人余りが、「エネルギーと環境保護分野におけるサブスクリーンの応用」をテーマに、エネルギーと環境保護分野における現在のサブスクリーン型吸着・触媒材料に焦点を当て、応用における重要かつ重要な問題について深く議論した。

4月8日午前、第7回モレキュラーシーブ技術・応用サミットフォーラムとエネルギー、化学工業、環境保護分野におけるモレキュラーシーブ応用フォーラムが盛大に開催された。

燕市人民政府蘇敬彪副市長が歓迎の挨拶を述べた。

洛陽佳龙微能新材料有限公司李建波董事長が開会の辞を述べた。李建波董事長が開会の辞を述べた。

中国人民政治協商会議(CPPCC)全国委員会委員、中国民主建設工業河南省委員会副主席、洛陽師範大学学長の梁立可氏がスピーチを行った。

中国産業ガス工業協会の福貫副会長がスピーチを行った。

会議では、まず北京科学技術大学ガス分離工程研究所の劉英修所長が「二酸化炭素のピーク中性化が吸着産業にもたらす課題とチャンス」について特別報告を行った。続いて、南開大学の李蘭東教授、東北師範大学化学学院院長の朱光山教授、中国環境科学学会放射性廃棄物委員会事務局長、生態環境部原子力・放射線安全センター室長の劉志輝教授、福州大学青源創新研究室常務理事の包暁軍教授、吉林大学の閻文福教授が、「二酸化炭素ピークニュートラルが吸着産業にもたらす挑戦」と題する特別報告を行った。吉林大学の閻文福教授、中国化学会分子ふるい専門委員会副主席兼事務局長、西南化学研究設計研究所の李克萍教授など、中国の著名な専門家や学者がそれぞれエネルギー、化学工業、環境保護における分子ふるいの技術開発と応用について素晴らしい報告を行った、Ltd.のSun Baoan総経理は、医療・家庭用酸素発生器の分野でのモレキュラーシーブの応用について紹介しました。

LTD.、湖北省シノペック洛陽分公司、中国ガス有限公司、蘇州東麗酸素設備有限公司、上海漢実業有限公司の専門家が、会議のテーマを中心に素晴らしい報告を続けた。

会議の会場では、ジャロン社の新製品や、参加者全員の学術レポート、壁新聞について突っ込んだ議論が行われた。

4月9日、来賓一行はジャロン吸着材料工業団地を訪問し、同社の事業展開と企業文化建設について深く理解した。

このフォーラムは、中国の洛陽で開催された第39回牡丹文化祭と同時期に開催された。Jalonの主催で、ゲストは二頭の「最も古い中国」である夏の首都博物館と牡丹園も訪れ、奥深い河南省を鑑賞し、この国の自然の香りを堪能し、千古の帝都の「古今、詩と距離」の美しさを感じた。

モレキュラーシーブ溶液が必要ですか?

jaJA